読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sprout2000

PC・スマホに関する備忘録

Ubuntu をインストールしてやったこと:まとめ

1. CapsLock を Ctrl キーにする

/etc/default/keyboard を編集して再起動

XKBMODEL="SKIP"
XKBLAYOUT="jp"
XKBVARIANT=""
XKBOPTIONS="ctrl:nocaps"

GUI でやりたい場合

① Tweak Tool をインストール

~$: sudo apt-get install gnome-tweak-tool

~$: gnome-tweak-tool &

② 「タイピング」→「Ctrl キーの位置」で設定

f:id:sprout2000:20161228093046p:plain

 

3. アップデート用のサーバの変更

①「システム設定」の「ソフトウェアとアップデート」

f:id:sprout2000:20161229105229p:plain

②「ダウンロード元」のプルダウンメニューから「その他」

f:id:sprout2000:20161229105343p:plain

jaist を選択

f:id:sprout2000:20161229105420p:plain

 

 

3. アップデートする

~$: sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

再起動する

 

4. GNOME ターミナルのカーソル点滅を止める

gsettings set org.gnome.desktop.interface cursor-blink false

 

5. ホームディレクトリのフォルダ表示を英語にする

~$: LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

"Don't ask me this again" にチェックを入れて "Update Names"

 

6. Google Chrome のインストール

Google サイトから Chrome をダウンロードし、debパッケージをインストール

f:id:sprout2000:20161228094837p:plain

~$: sudo apt-get install gdebi
~$: sudo gdebi ./Downloads/google-chrome-stable_current_amd64.deb

 

 

7. Emacs のインストール

~$: sudo apt-get install emacs

~$: mkdir .emacs.d

 ~/.emacs.d/init.el の作成

(define-key key-translation-map (kbd "C-h") (kbd "<DEL>"))

(set-locale-environment nil)
(set-language-environment "Japanese")
(set-terminal-coding-system 'utf-8)
(set-keyboard-coding-system 'utf-8)
(set-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(setq default-buffer-file-coding-system 'utf-8)
(set-default-coding-systems 'utf-8)
(prefer-coding-system 'utf-8)

(setq inhibit-startup-message t)
(setq make-backup-files nil)
(setq delete-auto-save-files t)

(setq eol-mnemonic-dos "(CRLF)")
(setq eol-mnemonic-mac "(CR)")
(setq eol-mnemonic-unix "(LF)")

(tool-bar-mode -1)
(blink-cursor-mode 0)

 

8. メニューバーをウインドウの上に表示する

 「設定」アプリ→「外観」→「挙動」タブ

f:id:sprout2000:20161228102003p:plain

f:id:sprout2000:20161228102016p:plain

 

9. gedit のキーバインドEmacs 風にする

~$ gsettings set org.gnome.desktop.interface gtk-key-theme Emacs